マーベロン21とマーベロン28の違いは?


低用量ピルのマーベロンは避妊をするのには最も高い効能を持った経口避妊剤となっていて、正しい使い方をすることで、ほぼ確実に避妊をすることができます。
しかし、飲み忘れなどによる失敗率が8%程度といった報告もありますので、避妊効果を正しく得るためには、正しい知識を身に付ける必要があります。

マーベロン21とマーベロン28の違い

マーベロン21とマーベロン28の違いは、錠剤が『21錠入り』なのか『28錠入り』なのかの違いになります。

マーベロン21

マーベロン21は21日間連続で1シートを飲み終えたら7日間は服用を休み、再び次のシートから21日間連続で飲み続けるといったサイクルで服用するタイプです。

マーベロン28

マーベロン28は薬に含まれている成分は全く同じなのですが、同じ成分の薬が21錠プラス、成分の含まれていない偽薬が7錠加わって合計が28錠になっている薬になります。
28日間連続して服用を続けていき、それが飲み終わったら次のシートを1日目から飲み始めて、28日間連続して飲み続けるサイクルで服用をしていきます。

それぞれの飲み方は?


マーベロン21は1という数字の錠剤からのみ始めます。
そして毎日1錠ずつ番号順に服用を続けて、21日間で全て飲み終えたら、7日間は薬を飲むことを止めます。
7日間の薬を飲まない期間を終えたら新しいシートを1日目から飲み、21日間飲みます。

次にマーベロン28は1という数字の錠剤から飲み始めたら、毎日1錠ずつ番号順に服用を続けていて、21日間分の白色の錠剤を服用したら、そのまま緑色の錠剤を7日間服用します。
そして28日間分を飲み終えたら、新しいシートを1日目から飲み始めて28日間服用を続けていくといった飲み方になります。

まとめ

このように2つのマーベロンは成分の違いはないものの、飲み忘れによって避妊に失敗しないように、マーベロン28にはマーベロン21の成分と同じ錠剤が21錠と、服用期間を空けなくても済むように偽薬を7錠をプラスして販売をしています。
そして、決められた順番で毎日飲み続けるだけで良いので、マーベロン28の方が飲み忘れる心配は少なくなります。

 

>>マーベロンは通販で買うとかなり安くなるって知ってる?