マーベロンの休薬期間に生理が来ないときはどうすればいいの?


休薬期間中に生理が来ないと「もしかして、できちゃったの?」と焦ってしまいがちです。
しかし、ピルを服用中は消退出血と言って一般的な生理とはメカニズムが違います
消退出血は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)と言う、2つの女性ホルモンの分泌が消退(減少)するためにおきる出血です。
少量で色も薄いため、気づかないこともあります。

基礎体温を測ってみよう


マーベロンを飲んでいる人は、休薬期間に入ったらすぐに生理が来る人もいれば、5日目や6日目に来る人もいます。まさに十人十色です。
マーベロンを飲んでいない人でも、ストレスの多かった日や忙しくて疲れが激しかった時などは、1回くらい飛ぶこともありますよね。
ホルモンの分泌はストレスや疲労とも大きく関係しますので、1回くらい飛んでも通常は問題ありません。

基礎体温を測るとわかりやすい

もしも心配なら、基礎体温を測ってみることをお勧めします。
もしやできちゃったの?と慌てないためには、普段から基礎体温を測って自己管理をすることは非常に大切です。
朝起きたら、検温をする習慣をつけましょう。

基礎体温が低くなっていたら心配無用


基礎体温の測り方は、起床時にお布団の中で検温します。
もしも生理は来ているのに気づいていない場合は、基礎体温は高くはなっていないはずです。
基礎体温が高くなければ心配は無用です。

 

妊娠していたら高温期のまま


もしも妊娠していたのなら、基礎体温は高温期のままで低くなることはありません。
確率的的には稀ですが、婦人科医へ相談してください。
このような場合だけではなく、マーベロンを飲み始めたら基礎体温を測る習慣をつけておくと良いでしょう。
体温が高めの人もいれば低めの人もいるので、自分の普段のパターンを知っておきましょう。

勝手に服薬方法を変えないこと


マーベロンの休薬期間中に生理が来なかった場合、
心当たりがあると「もしかして、できちゃった?」と慌てて服薬方法を変えてしまう人がいますが、これは絶対にやってはダメ
正しい飲み方をしないと避妊効果は落ちてしまい、副作用などの心配もあります。

薬の飲み方を自分で勝手に変えてしまいたくなるくらい不安な場合は、仕事を休んででも処方した医師に相談に行きましょう。
ホッと安心して相談した日の夜には生理が来た、という例も多いです。
心配して悶々とした日を何日も過ごしてストレスを溜めるのが、一番マズイ対処法です。

まとめ

マーベロンの休薬期間中に生理が来なかった場合、心当たりがある時は焦ってしまいます。
マーベロン服用中は、普段から基礎体温を測定することをお勧めします。
来ているのに少量で気づいてない場合は、基礎体温が高くなりません。妊娠なら基礎体温は高温期のままで高いです。
服薬方法を自己判断で変更することだけは絶対にやってはダメ!処方医に相談しましょう。
>>マーベロン通販のTOPページに戻る