この症状は生理前症候群?生理前から始まる心と体の症状まとめ


女性であれば毎月の生理の不快さに頭を悩ませている人も多いでしょうが、生理が始まる直前は特に身体の調子がおかしくなりますよね。
頭が痛くなったり訳もなくイライラしたり、やたらと眠くなってしまうこともあります。症状には個人差がありますが、何らかの不調を感じた経験のある人は実に80%以上とも言われているんです。快適な毎日を送るためにも、身近な生理前症候群について正しい知識を身に着けておきましょう。

どうして生理前症候群になるの?

多くの女性が生理前症候群になってしまうのは、生理に向けてホルモンバランスが乱れてしまうからです。
私たちの身体の中にはエストロゲンプロゲステロンという2種類の女性ホルモンがバランスよく存在しているのですが、生理前になると分泌量が変化してバランスが崩れてしまいます。その影響で身体が正常に機能せず、様々な不調を感じてしまうようになります。
このようにホルモンバランスが乱れるのは全ての女性に起こることなので、誰でも生理前症候群になってしまう可能性があると言えます。

生理前症候群を発症しやすい時期


生理前症候群が起きてしまうのはホルモンバランスの乱れによるものなので、特にホルモンの量が変化する時期には発症しやすくなります。
女性の身体は妊娠するために毎月1度卵巣から卵子が放出されるのですが、その排卵期を境にホルモン量が大きく変化します。
ほとんどの人は排卵期の2週間後に生理がやって来るので、その時期は生理前症候群の症状が現れる可能性が高くなります。

生理前症候群に個人差があるのはなぜ?


生理前症候群は、症状の種類や重さ、辛さが続く期間などに個人差が大きく現れます。ほとんど症状を感じない人もいれば、会社や学校に行けないほど辛くてたまらないという人もいます。
このような個人差は、一人一人の体質や性格、ホルモンの分泌量やストレスの強さなど様々な要因が影響しているために起こります。
私たちはそれぞれ違った環境や身体で生活しているので、生理前症候群の症状にもそれに応じた様々なパターンがあるということですね。

生理前症候群は【体】と【心】の症状がある


ひと口に生理前症候群と言っても、その症状は体に現れるものと心に現れるものの2種類あります。
どちらか片方にだけ症状が出たり両方に出たり、月によって症状が変わることも当たり前です。生理前症候群の症状はとっても種類が多いので、正直その時になるまでどんな症状が出るのか分かりません。
人によっては毎月症状が決まっていることもありますが、基本的には体にも心にも色々な症状が現れる可能性があるので、どんな症状があるか知っておくことをおすすめします。

体の症状

生理前症候群として体に現れやすいのは、下腹部の痛みや膨満感、頭痛や胸の張り、浮腫みや体重増加などが代表的です。
これ以外にもニキビが出来やすくなったり食欲が止まらない、突然の便秘や吐き気、強い眠気などもよく見られます。症状の軽いものから重いものまで個人差がありますが、1つだけでなく複数が同時に出ることが多いので困ったものです。

胸の張り


排卵期を過ぎるとプロゲステロンの分泌量が一気に多くなるのですが、このホルモンは妊娠に備えて乳腺を発達させる働きがあります。
急にホルモン量が変わることで血管が広がったり細胞が大きくなろうとして、痛みや張りを感じやすくなってしまいます。ピリピリした鋭い痛みを感じることもあれば、ズーンと重く鈍い痛みを感じることもあります。

腹痛・下腹部痛


生理が近付くと、女性ホルモンの他にプロスタグランジンという特別な物質も多く分泌されるようになります。
この物質には子宮を収縮させて子宮内膜を排出しようとする働きがあるため、子宮やその近くが痛みを感じてしまいます。生理をスムーズに終わらせるには必要な物質なのですが、分泌量が多いと腹痛や下腹部痛が強くなります。

眠気or不眠


生理前症候群としては眠気を異様に感じたり、逆に夜全く眠れなくなってしまうという症状もあります。
この症状は月経前過眠症や月経前不眠症と名前が付けられるほどポピュラーな症状で、女性ホルモンの影響で体温が上がりやすくなっていることが原因です。1日を通して体温の変化が少なくなり、目が覚めている時と眠い時の境が曖昧になってしまいます。

頭痛・頭が重い


頭痛が起きたり頭が重く感じられるのは、ホルモンの分泌量が変化することで脳の中にあるセロトニンという物質が不安定になるためです。
セロトニンは不安感を消してリラックスさせてくれる物質なのですが、これが不足すると脳の血管が活動的になって広がりやすくなり、血管の周りの神経を刺激してズキズキとした頭痛を引き起こしてしまいます。

腰痛


もともと腰痛持ちではないのに、生理前にだけ腰が痛くなる場合は生理前症候群の可能性が高いです。
生理前になるとリラキシンという物質が多く分泌されるのですが、この物質は靭帯を緩めて骨盤を開く作用があります。
骨盤が緩んで不安定になることで、それを支える腰回りの筋肉が常に緊張している状態になってしまい、腰痛が起きることになります。

ニキビ・肌荒れ


生理前症候群を代表する症状の一つが、女性にとっては最悪なニキビや肌荒れです。
ニキビは毛穴に皮脂や汚れが詰まることで肌が炎症を起こしている状態ですが、生理前に分泌量が増えるプロゲステロンには皮脂の分泌量を増やす働きがあります。
そのせいで毛穴や皮膚で雑菌が繁殖しやすくなり、ニキビや肌荒れが起きやすくなってしまいます。

体重の増加・むくみ


生理前になると2キロくらい急に太ってしまうという経験のある人も多いでしょうが、これも実は生理前症候群の一種です。
生理前は体の代謝が低くなり、妊娠に備えて栄養を溜めこもうとします。
いつもより水分などを体内に溜めやすくなるので、どんどん体重が増えたりむくみが酷くなってしまいます。特に顔や足はむくみでパンパンになりやすいので、女性としては大きな悩みの種です。

心の症状


生理前症候群では、体の症状の他に心の症状を感じる人も非常に多いです。理由も無いのにひたすらイライラしたり、急に不安になって涙が出るなど情緒が不安定になってしまいます。
体の症状と違って分かりにくいため、周囲の理解を得られずに一人で悩んでしまう人も多いです。自分ですら生理前症候群だと気付かないことも珍しくないので、具体的な症状を知っておきましょう。

イライラする、怒りやすい


生理前症候群と言えばコレ、というくらい代表的なのがイライラや怒りっぽくなるという症状です。
排卵期から分泌が多くなるプロゲステロンは、幸せホルモンとも呼ばれる脳内物質のセロトニンの量を減らしてしまいます
セロトニンは不安を取り除いたりリラックスに導く働きを持つため、量が減少してしまうと心が安定せずイライラしやすくなります。

精神的に不安定になる


生理前には女性ホルモンのバランスが崩れてしまうのですが、これらのホルモンは脳にも影響を与えています。
エストロゲンは幸福感を感じさせて精神を安定させる作用があるのですが、生理前になるとエストロゲンの量が減少してプロゲステロンが増えてしまいます
このため気分が安定せず、ちょっとしたことで不安になったりイライラして精神的に不安定になってしまいます。

無気力になる


生理前にイライラすることもない代わりに、何もやる気が起きずにボーっとしてしまうことがあります。
これも生理前症候群の一つで、やはり脳内でセロトニンの量が不足してしまうことが原因です。セロトニンはリラックス効果をもたらす以外にやる気や元気を管理する役割もあるため、その量が低下してしまえば何に対してもどうでもいいやと感じるようになります。

憂鬱(鬱っぽくなる)


生理前症候群の影響で脳内のセロトニンが減ってしまうと、まるで鬱病のような症状にまでなってしまうことがあります。
セロトニンは心の安定に本当に欠かせない物質で、足りなくなれば常に気分が落ち込んでマイナス思考になり、憂鬱な気持になってしまいます。軽い鬱っぽくなってしまうので、決して心の症状を軽く見てはいけません。

食欲の増加


生理が近付くにつれ、とにかく食欲が爆発してやばいと感じたことのある人も多いでしょう。
これもプロゲステロンの影響で、赤ちゃんを育てるためにとにかく大量の栄養を蓄えようとします。
食欲中枢を刺激し、お腹が空いていないのに食べたい気持ちを引き起こし、実際に食べても食べても満足できない状態になってしまいます。女性にとっては、まさに一番恐ろしい生理前症候群です。

生理前症候群の症状が出やすいのはどんなタイプ?


生理前症候群には様々な症状がありますが、誰もが酷い症状に悩まされるわけではありません。
症状が出やすい人の特徴もある程度決まっており、プロゲステロンの分泌量が多かったり感受性が高い人が発症しやすいと言われています。
ストレスが溜まっていたり生活週間が不規則、冷え性といった女性が感受性が高いとされているので、思い当たる人は注意しておきましょう。また、責任感が強い人や真面目な人、完璧主義の人などもストレスを抱え込みやすいので症状が重くなりがちです。

食べ物で生理前症候群の症状緩和&予防対策

生理前症候群はホルモンの影響による部分が大きいので自分の力ではどうすることもできませんが、食べ物である程度緩和させることもできます。
心や体の症状に効果的な栄養素を積極的に取ることで、予防対策も夢ではありません。確実に効果があると保証はできませんが、何もやらないよりずっとマシです。
どんな栄養素が適しているか覚えて、どんどん食べてみましょう。

積極的に摂取したい栄養素


生理前症候群が起きると、イライラしたり肌が荒れたり、心も体もトラブルが起きやすくなってしまいます。症状の中には栄養素を補うことで軽減できるものもあるので、毎日の食事で積極的に取るようにしましょう。
忙しくて食事で摂取できない場合は、サプリメントを利用するのもおすすめです。気分や体力も落ち込みがちなので、無理せず挑戦してみてください。

ビタミンB6

数ある栄養素の中でも、生理前症候群に特に効果が高いとされているのがビタミンB6です。
血液中のビタミンB6の濃度は排卵期に最も低くなることが分かっており、不足すると食欲不振や吐き気、頭痛などを発症しやすくなります。
この時期から積極的に摂取することで濃度の低下を防ぎ、不快な症状を緩和したり予防することができます。

ビタミンE

ビタミンEは卵巣などに蓄積される栄養素で、女性ホルモンの生成や代謝にも関わっています。
ホルモンをコントロールする脳下垂体に作用してホルモンバランスを整える働きがあり、生理前症候群の症状を安定させることができます。
血行を改善することもできるので、血行不良によって起きる頭痛や腰痛、むくみといった症状を緩和させられます。

マグネシウム

マグネシウムは、体内に取り込んだ栄養素を代謝する際に必要となる重要な物質です。
生理前症候群で起きやすい便秘に対して特に効果が高く、水分を吸収しやすい性質があるので便を柔らかくしてスムーズに排出してくれます。
利尿効果もあるので体内の水分を排出し、むくみを改善させることもできます。神経伝達物質にも使われるので、心の症状にも役立ちます。

カルシウム

カルシウムと聞くと骨を作るイメージが強いですが、生理前症候群とも深い関わりを持っています。
症状の酷い女性は、血液中のカルシウム濃度がかなり低いという特徴があります。
カルシウムが足りないとイライラしたり気分を不安定にさせるホルモンの分泌を抑えられなくなり、情緒不安定や憂鬱症状などを引き起こしやすくなります。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと非常によく似た働きをすることで有名です。
積極的に摂取することでバランスの崩れた女性ホルモンを整えることができ、様々な症状を軽減させることが期待できます。
納豆や豆乳など、食べやすいもので手軽に摂取できるのも嬉しいポイントです。排卵期を過ぎたら、摂取上限に気を付けつつ積極的に食べるようにしましょう。

控えたいもの


積極的に食べることで症状を抑えることができるものがある一方、控えた方が良い食べ物もあります。食べてしまうと生理前症候群の症状を悪化させる可能性もあるので、できるだけ食べないようにしましょう。
もちろん食べたからと言ってすぐに悪影響が出るわけではありませんが、可能性は少しでも取り除いておいた方が安心です。

カフェインを多く含むもの

生理前症候群で悩んでいる女性は、まず排卵期の後だけでもカフェインの摂取を控えるようにしましょう。
カフェインは生理前症候群にとっては最悪の大敵で、ビタミンやミネラルの吸収を邪魔したり、カルシウムを溶かしてしまうこともあります。
1日に300mg以上摂取すれば女性ホルモンのバランスを崩すことも分かっており、生理前には避けた方が無難です。

お酒・たばこ

お酒やたばこを嗜む女性も多いでしょうが、生理前はあまりおすすめできません。
たばこに含まれるニコチンは血管を収縮させるため血行が悪化し、ただでさえ乱れがちなホルモンを身体中にスムーズに運べなくなってしまいます。
アルコールは適度なら良いのですが、女性ホルモンが乱れがちな時期にはアルコールの分解能力も落ちてしまうため、二日酔いしやすくなってしまいます。

糖分・塩分の高いもの

生理前症候群の時期には栄養を溜めこみやすい体質になってしまうので、糖分や塩分の高いものも避けた方が良いでしょう。
食欲が増す時期に思うまま食べてしまうとそれだけ太りやすくなってしまいます。特に塩分はむくみや高血圧などにも繋がり、生理前症候群を悪化させてしまいます。生理前は特に薄味の食事にするなど、食生活にも気を遣いましょう。

スナック菓子や甘いもの

意外に思えますが、スナック菓子や甘いものも生理前症候群を悪化させる可能性があります。
生理前は血糖値を下げるインスリンの働きが低下し、甘いものの分解がうまく出来なくなります。すると体は血糖が足りないと誤解し、生理前症候群を悪化させるノルアドレナリンを分泌させて血糖値を上げようとしてしまいます
脂質の高いスナック菓子も同じように体内の血糖値やホルモンバランスを崩す原因になってしまうので、避けてきましょう。

生理前症候群がツラい時は我慢せずに婦人科で相談してみるのもおすすめ


生理前症候群は女性なら誰でも起こる症状ですが、そのツラさは人それぞれです。
他の人が生理前でもしっかり生活しているからと言って、自分まで必要以上に我慢することはありません。ツラい時はツラいと正直に認め、我慢せずに婦人科や病院に相談してみることをおすすめします。
ひたすら我慢し続けても症状が良くなる保証はありませんし、相談すれば治療薬を処方してもらえることもあります。あっさりとツラさから解放される可能性もあるので、まずは相談してみましょう。

個人差がある生理前症候群は「自分観察」と「無理しないこと」

生理前症候群の厄介なところは、症状に個人差が大きいというところです。
自分がどれだけツラいかは自分にしか理解できず、周囲から甘えていると冷たく見られてしまうこともあります。
でも、自分の体は自分でしか守れません。本当にツラいなら周囲の目なんて気にせず、堂々と休んだって構いません。そのためにも、今の状態はどの程度か、何が出来て何が出来ないかといった自分観察が重要になります。
そのうえで決して無理をせず、正しく身体を休めることが大切です。

生理前症候群に関連するページ

生理前症候群は、女性の実に8割以上が経験したことのある一般的な存在です。しかし症状の重さや種類には個人差があり、人によってはツラすぎて日常生活が送れないこともあります。そんな場合に役立つのが生理前症候群の治療薬なのですが、ピルや市販薬、漢方など様々な種類が用いられています。それぞれの特徴を知り、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。我慢しなくてもいい!生理前症候群は病気の一種。生理が近づいてくる...

生理前症候群の治療に低用量ピルが使われることが多くあります。生理前症候群の症状は多くありますが、低用量ピルを飲むことで症状が改善することが知られています。効果が期待できる低用量ピルですが、副作用も当然あります。低用量ピルを内服する前に、十分な知識を持ってから内服を開始するようにしましょう。生理前症候群の原因って?生理前症候群について、はっきりとした原因はまだわかっていません。しかし排卵前後に起こる...

生理前症候群とは、生理の1週間前くらいから心身に現れる様々な症状を指します。頭痛や乳房の張り、肩こり、体のむくみ、便秘などに加えて、イライラなどの精神症状が現れることもあります。個人差が大きく、症状が軽い人と重い人がいます。症状が重い人の場合は、会社を休むケースも(; ・`ω・´)西洋医学では原因が解明されていないため、治療が難しい面があります。東洋医学×生理前症候群東洋医学では生理前症候群の原因...

生理前症候群は通称「PMS」とも呼ばれています。イライラしたり、眠気や頭痛など体調が悪くなったり、酷い場合には日常生活を送ることが困難に感じる人もいるほどです。生理前症候群の症状を和らげるのには軽い運動をすることも有効ですが、辛い場合は病院で治療してもらうことも一つの有効な手段です。では具体的にはどのような治療を行うのでしょうか?生理前症候群による生理前に起こる症状は?生理前症候群とは生理前(3日...