マーベロンの血栓症のリスクは?リスクを減らすにはどうすればいい?


マーベロンと言えば、低用量ピルの一種として避妊を成功させたい女性に人気の薬となっていますが、他の避妊薬と同じく血栓症のリスクが高まることを心配している人も多いでしょう。
安心して使用するためにも、服用した場合にどのように対策を行えば良いのか、事前に知っておきましょう。

マーベロンの効果や特徴


マーベロンは欧州で開発された経口避妊薬のひとつで、30年以上にもわたって世界中で使用され続けている安全性の高い薬です。
正しく使用すれば確実な避妊を成功させられるため、日本でも数多くの婦人科やクリニックで処方されています。
女性ホルモンのバランスを調節することで脳に妊娠したと誤解させ、排卵を抑制したり妊娠しにくい子宮内膜の環境づくりに役立っています。
副作用としては頭痛や吐き気、不正出血などの軽い症状の他に、血の塊が血管を塞いでしまう血栓症という重大な症状を起こしてしまう可能性もあるため注意が必要です。

低用量ピルと血栓症の関係


低用量ピルと呼ばれるものには、マーベロン以外にも様々な種類があります。
いずれも配合されている卵胞ホルモンに血液を凝固させやすくする効果があるため、血栓の症状が現れるリスクが高まってしまうのです。
現在避妊目的で使用されているピルは低用量のものが主流で、ひと昔前の高用量や中用量のピルと比較すると卵胞ホルモン量が少なくなっているため、そこまでこの症状が頻繁に見られることはありません。
しかし、低用量ピルを全く使用していない人と比較すれば、継続使用している人は血栓症を発症する確率が3倍以上にも達するため、注意が必要となっています

マーベロンでの血栓症リスク


避妊のためにピルを使用するのは、30年も昔から世界中で行われている一般的な方法です。
開発が進むごとに第二世代、第三世代の新しいピルが登場していましたが、1995年にイギリスで最初に血栓を引き起こすリスクが注目されるようになりました。
にふくらはぎや脇の下などに発症しやすいとされていますが、血栓が脳や心臓などで起きれば心筋梗塞や脳卒中など重篤な疾患を引き起こしてしまいます。
国内で人気を集めているマーベロンの場合、継続的に服用している人が発症する可能性は0.1%程度となっており、非常に稀な副作用と言うことができます。

症状の特徴や前兆はあるのか


血栓が血管を塞いでしまった場合、患部に痛みを感じたり息苦しさや目のかすみ、動悸など様々な症状が現れます。
具体的には頭痛や胸の痛み、ふくらはぎの痛みなどの症状が挙げられるので、これらの不調を感じた場合はできるだけ早く病院に行くようにしましょう。
発生頻度はごく稀ですし、重要な臓器で発声しなければ直接命に関わるようなものでもないので、過剰に心配しすぎる必要はありませんが、長期的に服用している人は念のため定期的に婦人科を受診して異常がないか検査してもらうことも大切です。
万が一の事態も考えながら、自分の身体を気づかいつつ服用するようにしましょう。

発症を予防するために


マーベロンなどの低用量ピルを服用していると血液が固まりやすくなってしまうため、血栓ができる可能性をゼロにすることはできません。
このため、いかに血栓ができないよう予防対策を行うかが重要になるのですが、そのためにまず取り組みたいのが積極的に水分を摂取することです。
水分が十分にあれば血液をサラサラに保ち、血栓が作られるのを防ぐことができます。
また、適度な運動を行うと血行が改善し、血栓ができても押し流すことができるためリスクが低下します。
喫煙者は特に血栓が出来やすいことが分かっているので、マーベロンを服用中は禁煙することも効果的です。

まとめ

このように、血液を固まらせてしまう作用を持つ卵胞ホルモンを配合している以上、マーベロンを使用していると血栓が出来やすくなることは避けられません。
ただ、発生頻度は非常に低いですし、対策をきちんと行っていればある程度予防することもできるので、過剰に心配する必要はありません。
>>マーベロン格安通販のTOPページ