マーベロンの飲み合わせ注意な薬やサプリにはどんなものがある?


調剤薬局では「おくすり手帳」を見せるということはもう常識です。
サプリメントを使っている人がそのことを告げることはほとんどないようですが、サプリメントとの飲み合わせも要注意の物があります。
マーベロンは、飲み合わせに影響を及ぼす物は実はたくさんあるんです。
どのような物が要注意なのか、具体的に見て行きましょう。

抗生物質は避妊効果を低下させます


テトラサイクリン系の抗生物質やペニシリン系の抗生物質で、マーベロンの避妊効果が落ちたり不正出血が増えることが知られています。
アクロマイシン、ミノマイシン、バイシリンG,ビクシリン、サワシリン、パセトシリンなど、語尾に「マイシン」や「シリン」が付くことが多いのですが、ユナシン、クラバモックスのように例外もたくさんあります。

また、近年はジェネリック品が出回ってきて医師でも確認しないと、どういう種類なのか判らないことも少なくありません。
自分で判断しないで、必ず医師の診察を受けた上で処方してもらいましょう。

サプリメントや健康食品にも要注意


セイヨウオトギリソウやセントジョーンズワートと呼ばれるサプリメントや健康食品に含まれる成分もマーベロンに影響を及ぼすことがあります。
これらは、ダイエット関連やうつ病関連のサプリメントや健康食品として含有されていることが多いです。
ハッピーハーブといった感じのネーミングで、ハーブとして販売されていることもあります。

マーベロンの避妊効果が落ちたり、不正出血を招きやすいとされています。
サプリや健康食品の販売員は薬剤師ではないことが大半ですし、マニュアル本にも経口避妊薬との相互作用に関しては記載されていないことが多いので要注意です。

その他にも非常にたくさんあります。


これら以外にも、てんかんやけいれんを抑える薬や抗不安剤でマーベロンの避妊効果が低下したり不正出血が起きやすくなることが報告されています。
また、副腎皮質ホルモン(プレドニンなどのステロイド剤)や水虫に使うテルビナフィン塩酸塩、免疫抑制剤のシクロスポリン(ネオラールなど)、胃液に分泌を抑えるオメプラール、喘息時に使うテオフィリンなどで、それらの作用が強まる可能性やマーベロンの血中濃度を高めてしまう可能性が指摘されています。
細かなものを上げるとキリがないくらいです。
自分では判断が難しいので、服薬中の人は医師の診察を受けてから処方して貰いましょう。

まとめ

マーベロンを服用しようと思う人は、1回目は個人輸入などではなく医師の診察を受けたうえで処方して貰う方が無難です。
飲み合わせに影響を及ぼすものがたくさんあるからです。
サプリメントや健康食品の中にも影響を及ぼすものがありますので、これらを使用中の人は必ずそのことを医師に告げてください
おくすり手帳は必ず持参するようにしてくださいね。
>>マーベロンを通販安く買うTOPページ