マーベロンの飲み方(マーベロン21・マーベロン28)


低用量ピルの中でも医師に処方されることが多いのがマーベロンです。
ピル初心者でも扱いやすく、副作用も少ないことから多く処方されています。
飲み方は難しいことはないのですが、2タイプあるので自分がどちらを処方されているのかをよく確認して、間違えないように飲めば効果も高く安心です。

マーベロン21は自分で休薬期間を管理

マーベロン21は21日分の錠剤が1シートになっています。
それを飲み切ったら7日間の休薬期間を設ける飲み方です。
この休薬期間の7日は薬がないので、自分でしっかりと7日間をカウントしなくてはなりません

休薬期間の管理がポイント

この間にピルの成分が体からなくなり月経が起こります。
月経に気を取られてしまいがちですが、自分で7日間をチェックして、その後にまた服薬を始めるため管理力が重要になってきます。
うっかり忘れてしまうとサイクルがくるってしまうため、効果が出るのに時間を要する場合も出てきてしまいます。マーベロン21では休薬期間の管理がポイントになります。

マーベロン28は順番通り飲み続けるだけ

マーベロン28は成分などはマーベロン21と同じですが、休薬期間中の7日分も錠剤があります。
しかし、これは偽の錠剤でピルの成分は入っていません。
つまり目的がない錠剤を7日間は飲むことになります。
飲み忘れを防ぐための錠剤で、体には何も影響がない偽錠剤です。
ですからマーベロン28はピル成分を21日飲み、何も含まれていない錠剤を7日分飲むというサイクルで1か月となります。
ピルをシートの順番通りに飲み続ければOKなので、管理が不安な方や初心者の方には安心で使いやすいでしょう。偽の錠剤の期間が休薬となり月経が起こります。

どちらも飲み忘れと量や服薬時間を守ること

マーベロン21とマーベロン28の違いは休薬期間に錠剤があるのかないのかです。
偽の錠剤がないマーベロン21は自分で7日間をしっかりと把握することが必要です。
しかし、他の部分ではどちらも同じルールで、これを守るのが効果を出すには必要です。
基本的にマーベロンは1日に1錠です。

 

飲むタイミングを決めておく

効果を早くと思って多く飲んでしまうと、逆に副作用が出てしまいますし効果もでません。
また、24時間で成分が必要な量を下回ってしまうので、同じタイミングで飲むことが大切です。
続けやすい時間帯を選ぶのがベター。どちらも月経の1日目から始めましょう。

まとめ

マーベロン21とマーベロン28の飲み方は至ってシンプルですので、飲む時間帯を決めて月経が来てからスタートさせましょう。
飲み方さえ押さえれば効果は高く安全性も高いので体にも負担が少なく飲み続けられます。
休薬期間の時だけはしっかりと管理して、体のサイクルを崩さないようにするのがポイントです。